SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ジョン・ル・カレ氏死去、イギリスのスパイ小説。



www.jiji.com

こちらはBBCのもう少し詳しい記事。
www.bbc.com


 
 イギリス人は世界情勢について語るのが好きである。

大英帝国の時代があったからだろう。

 さて知人で主にアクションの映像造ってるのがいる。

昔々そいつに

「『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』読んだか?」

と聞いてみたら

「なんだそれ?」といわれた。

「『スマイリーと仲間だち』は?」ともきいたら

これは「なんだよそれは?」と笑われた。

 そいつは数か月後にはジョン・ル・カレくらい読んでないやつはダメだと言い出した。

誰かから聞いたのだろうが、いい加減なものであるとおもった。

 ということでスパイ小説の大家が亡くなった。

ジョン・ル・カレ

1931年生まれ

89歳没。

 日本なら小松左京と同年生まれである。

スマイリーシリーズは早川書房のハードカバーで読んだ。

 懐かしい作家が亡くなってしまった感じだ。

スマイリーシリーズや

『寒い国から帰ってきたスパイ』を読み返したくなった。