SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ドラマ『相棒』 season19 第八話「一夜の夢」を視る。 





 ミステリドラマはみてしまう。


 客引きの男が暴行されている。

男は軽薄そうな男である。

 携帯をひろいあげて

ニンマリとしてる。

 代議士の娘の携帯であった。

男はデータはコピーしてるという。

女性を脅しているようにみえる。

 女性は与党幹事長の娘であった。

しかも婚約中であった。

 女性の婚約者のホシミヤ家具の社長が

他殺遺体でみつかる。

捜査一課は捜査に乗り出す。

 刺殺されたようだ。

一流企業の社長が

河川敷に深夜いるのも不思議である。

社長の座を譲った父親は困っている。

 特命は女性が食事をおごった

例の男のもとに行く。

 特命は男のアリバイを確認しにいく。

男のアリバイはあった。

 今回の作は

展開がわかりやすい。

 特命は事件現場の河川敷に

いってみる。

 男のウノには前科があった。

女性のコバヤカワは

なぜか婚約披露パーティは開催するようだ。

 所在なげな

特命であったが

 婚約披露パーティを開催する。

ウノとコバヤカワナオミは

婚約披露をしてしまうのであった。

 こういうことって

実際ありそうである。

 特命は幹事長に怒られるのだが

特命は食い下がる。

 周囲は不思議だが

ウノはナオミの弱みを握っていると

思われる。

 タグチというおとこも

出てきて裏カジノの問題が出てきた。

どうやらナオミの弱みは

この裏カジノのようだ。

 中園に特命は怒られる

というお約束だ。

 コバヤカワ幹事長は

娘の婚約者の潔白を証明しろという。

 どうやら特命に

ウノを逮捕させるように

もっていきたようである。


 ここまでが前半。


 ウノは「空き巣」に暴行されて重症をおったようだ。

なぞの展開になっている。

 家具屋をリストラされたものには

全員アリバイがあった。

 ナオミの元婚約者の殺害については

怨恨の線は消えたといえる。

 ホシミヤは養子であった。

ホームレスが殺人現場での

会話を聞いており

「28年ぶり」というフレーズを

覚えていた。


 ウノは裏のカジノについて

幹事長を脅している。

 



 ネタばれは避けます。

今回も誰かの得が誰かの損になるという

パタンが踏襲されている。