SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

六代目三遊亭圓楽氏、肺がんを再発していた、大腸がん闘病も。




news.yahoo.co.jp


 見た目は健康そうな方ですが

六代目三遊亭圓楽師は三回がんにかかっていたようです。

 圓楽師といえば師匠は五代目三遊亭圓楽

五代目三遊亭圓楽落語協会を飛び出してしまいました。

 そのときのエピソードは

芸界的には五代目の弟弟子、

六代目の叔父にあたる三遊亭円丈師が

『御乱心』で暴露しています。

 (六代目圓楽師の大師匠は昭和の名人のひとりの

六代目三遊亭圓生。)

昭和60年代は暴露本のブームがありました。

 しかし、この本はそれらの本の中でも

出色の出来です。

 その後圓生師匠は急死して

五代目の一門は独立しましたが

協会から出て行ったので

寄席で落語はできませんでした。


 円丈師が2013年に『落語家の通信簿』を

書いてまたも話題となりましたが

六代目圓楽の項には間違いがあるという

抗議が六代目圓楽師からはいり

訂正したようです。

 圓楽師の肺がんは

喫煙によるものでしょうね。

五代目も肺がんで亡くなっています。