SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

バナナ・リパブリックの憂鬱。



news.yahoo.co.jp

 休日なのでもう一つ記事を。

ファッションブランドではありません。

この場合のバナナは揶揄的に政情不安定という意味です。

いんちきの共和国、実は偽の共和制、民主的ではない共和国ということですね。


 アメリカの大統領選挙で

トランプ氏は敗北を認めたがらないようです。


 陰謀論なのかな?

さんざんメディアに叩かれてきたから

すねてしまったか。


 作家の小林信彦氏が

「バナナ・リパブリックの憂鬱」という小説を構想したことがあると

コラムで書いていました。


 日本はアメリカのメディアから「バナナ・リパブリック」と揶揄されていましたので

そこからヒントを得たのでしょうね。


 今やアメリカもいんちき共和国になりそうです。

選挙人制度(この制度も150年以上続いているようですが)

が投票数の多いほうが総どりするというのも

日本人からみるとおかしな話です。


 まあ日本も選挙で死に票が大量に出る場合がありますが。

互選の難しいところです。

郵便投票とバイデン氏圧勝というわけでもないようなので

トランプ氏も未練があるのでしょう。