SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ノーベル物理学賞受賞の小柴昌俊さん死去。




news.yahoo.co.jp


 今日はクリニック行ってきました。

オルベスコはなくて

代わりの薬を処方されました。

 ぜんそくで亡くなる人は年々少なくなっている。

主治医曰く

ここまで亡くなる人が減っている病気もない

とのこと。


 わたくしごとはおいておいて

ノーベル物理学賞受賞の小柴昌俊氏がお亡くなりになった。

享年94の大往生である。

天寿を全うしたといえる。

 ニュートリノの研究で受賞した。

東京大学卒。

後輩の山本義隆氏(駿台予備学校の物理講師、科学史家)

も小柴氏を尊敬していたようである。


 ノーベル賞といえば90年代までは

京都大学というイメージだったが

東京大学もがんばっている。

物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞の

受賞者を輩出しているのは東京大学のみである。


 江崎玲於奈氏はどうなるのかな?

第三高等学校卒、東京帝国大学卒である。

三高は現在の京都大学の教養だったので

京都大学卒ともいえる。


 文学賞は現在のところ東大卒のみである。

谷崎潤一郎安部公房が生きていたら

受賞していたといわれる。

 村上春樹氏が受賞したら

早大ノーベル賞受賞者を輩出したことになるが・・・


 経済学賞受賞者はいない。

あの賞はシカゴ大学出身でないと

受賞できないといわれている。