SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

コロナ禍でぜんそく患者が急減という衝撃事実。




toyokeizai.net


  寒いのでそーっと生きています。

オルベスコなくなっています。

  しかし喘息で入院する人は急減しているそうです。

欧州も同じだそうです。

 コロナ禍でぜんそく患者は増えそうですが・・・

しかし減っている。

 インフルエンザの患者も減ってるそうです。

手洗い・うがい・マスク・換気が効いてるようです。

すごい・すごい・すごい。


 以前は90年代前半までは

年間ぜんそくで交通事故死者の数くらい亡くなっていました。

うちの近所のお医者さんの奥様も

ぜんそくの発作起こして急に亡くなってしまいました。

台湾のテレサ・テンも若くして亡くなってしまった。


 吸入薬の普及で

ぜんそくで亡くなる人は年間2000人くらいになった。

よかった・よかった・よかった。

 コロナ予防がぜんそく予防やインフル予防になっているのだった。

オルベスコは減っているけど

(それは新規に処方してもらっているのでは

 ないという。ではなぜ減っているのだろうか?)

代替品がある。

 それでもっているのである。