SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

兵庫県で警察犬のシェパードが捜索中にいなくなる。



www.yomiuri.co.jp


 仕事がいやになったのか

突然やめさせていただきますとか

労働環境が悪いのでとか

 匙投げたくなったとか。

人間だったら

仕事していていきなり

いなくなるというのは

あるらしい。

 ちょっとタバコ吸ってきますといって

そのままいなくなって

連絡がとれなくなって

1か月後に連絡が来て

やめさせていただきますとか

信じられないことがあるようである。

 ヘルメット必要な現場で

ヘルメットかぶせてやったら

それが嫌だとその日のうちに辞めた人がいた。


 なんだかんだ文句ばかりいって

身に合わない贅沢をして

10回以上も職場を変わって

ついにはどこにもいられなくなって

無職になった人を知っている。

そういう人とは距離を置くようにしている。

仕事紹介してもすぐにやめられたら

こちらの面目丸つぶれである。


 作家志望でまったく働かない人もいたが

この人は亡くなってしまった。

どうやって生活していたかは謎である。

あちこちにお金を借りていたのは知っているし

私も貸していた。


 警察官で書類の書き方を注意されて

激高して同僚を殺害して逃亡する

という事件もあった。

 警察官の作る書類は重要なので

厳しく指導されるのは当たり前である。

 こらえ性のない人が増えている。

築き上げてきたものがない人は

なんでもすぐやめてしまう。

結果長期的信用を得ることはできないので

浮き草のような人になる

この繰り返しになる。

できない言い訳だけは大量にもっている。


 そういう連中に比べれば

犬であっても

災害救助犬や警察犬はえらいと思う。

訓練されて災害で困ってる人を助けたり

犯罪者を見つけるのだから。

 文句も言わないお犬さんの場合は

どうだろうか?

迷ったか、食べ物につられたか

賢いシェパードには

ちょっと考えられないが。

犬でも仕事がいやになったのかもしれない。

 訓練をしているので人を襲うことはないようだと

担当者はいっている。

 このシェパードには帰ってきて

ぜひとも職場復帰していただきたい。

 警察犬なのので内勤とかに

まわされるということはないだろう。




10月27日追記。

 行方不明のシェパード「クレバ号」は

無事発見されたらしい。

 これから取り調べでも受けるのだろうか?