SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

元農水次官側無罪を主張、「反射的に殺害」正当防衛と。



news.yahoo.co.jp


 またも暗い話題でご容赦いただきたいです。

 元農水次官が自分の子供を殺害した事件の裁判。

東京地裁では懲役6年の判決だったんですけど

東京高裁では正当防衛で無罪を主張しています。

 しかし、すべてを否定するのは難しいと思います。

正当防衛はなかなか認められない。

過剰防衛でさえもなかなか認められないですね。

 こういう事例ではないと

ja.wikipedia.org


認められないです。

急迫不正の侵害について最低限度の防衛ですから。


 この事件の被告人の犯行は

被害者から暴力を受けていたことと

少し前に引きこもりだった人が

川崎で殺人事件を起こしてしまったことが

きっかけになったようです。

 子を持つ親なら考える人もいるでしょう。

息子さんは進学校に進学して

いじめにあって引きこもりになって

ゲームに興じていたようです。

 親御さんは心配していたのでしょう。

元農水次官という身分から

外聞もあるのでしょう。

 被告人の妹はメディアのインタビューにこたえて

お兄さんをかばっていました。

ただし犯行の結果は重大ですね。