SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

「菅首相の教養レベル露見」、静岡県知事が撤回と陳謝。政治家に教養は必要か?


news.yahoo.co.jp


 五賢帝フリードリヒ二世のような賢い政治家は

いることはいるのだが

政治家に教養は必要かというと

必ずしも必要ではないでしょう。

 総理大臣の日本学術会議の会員の

任命拒否の問題なのだが

むしろこの静岡県知事のほうがみっともない

と思われる。

 梅棹忠夫氏と対談したり

静岡県知事は学識がありそうな人のようだが

静岡県民はどう思っているのかな?

 綸言汗のごとしで

偉い人がいったことは

本来取り返しのつかないものだが

汗かいて撤回してしまう政治家の多いこと。


 任命拒否された学者の方々6人であるが

東京大学の日本近現代史加藤陽子教授については

一般書を読んでいるので知っている。

歴史学者伊藤隆氏のお弟子さんである。

小林秀雄賞も10年前に受賞している。

 公開されている加藤陽子教授のプロフィル。

web.archive.org


 なかなかユニークであるなと思う。

桜蔭の生徒は日本シリーズの野球の実況をラジオで聴いていたのか

と思うとそこは微笑ましい。

 東京大学在籍の時期に自治会などにかかわっていたので

思想的にはそっちの方なのねと思われる。


 加藤教授は昔は駿台予備学校の日本史の講師であったようだが

「花形」のお茶の水の三号館(本部校舎)では教えていなかったようだ。

私は三号館で物理の講習を受けたことがある。

 三号館は難関大学志望者が集うようである。

当時の私はそんなことは知らなかった。

 日本史も駿台でならった気がするが

講師のお名前は忘れてしまった。

有名な先生であったかもしれない。


 加藤陽子教授の御亭主は駿台の日本史科の

人気講師だった野島博之氏のようだ。

現在は退職されている。

今は学研プライムという塾(?)に

いるようである。