SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

昨年のブログを振り返れ、とノーベル賞。


www.snowlog.net



 昨年のブログを振り返らないかと

連絡が来ました。

 そういえばノーベル賞の授賞者の発表がこの時期だった。

今年は日本人のノーベル賞受賞者はいない。

筒井康隆氏の「偽文士日碌」を読んでいたら

この昨年の授賞者の吉野氏のことが

書いてあって

ぶっ飛んだキャラクターと褒めている。

 吉野氏はかなりユニークなお人柄のようだ。

こういう方でないとノーベル賞を受賞できないのだろうな。

 ポーリングみたいに二回もノーベル賞受賞した科学者のように

ガシガシ行く方がノーベル賞受賞しやすいようだが

 吉野氏はそういう感じではなく

おっとりとした感じだ。

 この先ノーベル賞受賞する日本人がでるかどうかは

わからない。

 ノーベル賞もわからないところがある。

フランスのサルトルが文学受賞拒否したのちには20年ほど

フランスからノーベル文学賞受賞者は出なかった。

 パステルナークの受賞見合わせとちがって

受賞拒否なので不快だったのだろう。

 1985年のフランスのノーベル文学賞受賞者は

サルトルの作家だった。

 こういうところは恣意的というか

政治的である。


 北欧の人が多いのも特徴的である。

ご当地だから身びいきがあるのだろう。