SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

安倍首相の成蹊大学時代の「恩師」が首相に苦言。




dot.asahi.com


 安倍首相は成蹊大学出身ですが

大学時代の「恩師」が首相に苦言だそうです。

もうすこし知的になってほしかったと。


 立法府の長と行政府の長の区別がつかない

憲法で一番大事な条文がわからない

など

確かに知的ではないのですね。

 しかし、学者は知的でなくてはいけないと

おもいますが

政治家は必ずしもそうではないでしょう。

 知的な首相っていたのかな?

故・大平正芳氏か故・宮澤喜一氏か

そのくらいか?

 元首相の鳩山由紀夫氏や菅直人氏は

民主党最後首相の野田佳彦氏よりも

有能な首相だったのか?


 安倍首相の自称「恩師」の加藤節氏は成蹊大学では

政治学史」を担当していたそうですが

この科目は必修科目だったそうです。

 法学部政治学科ならば

政治学」や「政治学史」や「政治史」や「憲法」は必修でしょう。

法学部はたいてい学生数が多いのですが

安倍首相が在学中にも学生は多かったと思います。

 それで必修科目の成績評価に

「優」をつけたか「不可」を

つけたかもわからない。

 それで「恩師」なのでしょうか?

ゼミや研究会の担当教員ならばともかく

成績評価もどのような学生だったかもわかならい

師弟関係ってなんなのでしょうか?


 媒体からみると

この加藤節先生は

自分のいいたいことをいってるだけ

のように思います。