SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

フレドリック・ブラウン『死にいたる火星人の扉』を読む。




 暑いときは怪奇な話や怪談話を聞いて

涼むのもいいかもしれません。

 SFとミステリの巨匠、ファンタジーの職人

アメリカの小説家フレドリック・ブラウンの不可能犯罪ミステリ。


 あらすじは

8月の暑い日に

探偵のエド・ハンターのところに

「火星人にねらわれているから守ってほしい」

という女性がやってきた。


 探偵のエドは女性に病院にいったほうがいいと

いったんは断るが

女性に「一晩だけ警護してくれたら100ドル出す」

といわれたので

報酬につられて一晩だけ警護することにした。


 しかしなんと夜が明けたら

女性は密室状態の部屋の中で死んでいた。

 エドの警護をすり抜けて部屋に近づくのは

不可能な状況だった。


 本当に火星人に殺されてしまったのか?

その死んだ女性の姉妹も狙われる。

 犯人の意図は?

本当に不可能犯罪なのか?火星人の仕業なのか?

というものである。


 フレドリック・ブラウンはSFでも

有名な作家ですが

この作品はSF小説ではないです、

ミステリで謎は合理的に解決されます。

 こんなこと

よく思いつくなという小説ですね。