SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

日航機123便墜落事故から35年。




news.yahoo.co.jp


 日航機墜落事故から35年経ちました。

生存者は女性4名のみでした。

520人が亡くなった大惨事でした。

歌手の坂本九氏や阪神の球団社長も犠牲者です。


 昭和60年8月12日は暑い日でした

あまりに暑くて具合が悪かった

ことを記憶しています。

 家族に今日は何か不吉だと話したことを

覚えています。

 午後8時ごろ123便が行方不明の

ニュースを家族がみていて

不吉というのはあたったと

いわれました。

 群馬県内の山中に墜落して

しまいました。

 事故現場の様子が写真週刊誌に

掲載されましたが

今では掲載は不可能でしょう。

 事故の原因は

整備不良です。

ボーイング社が整備を行いましたが

整備は完全ではなかった。

 油圧系統はすべて壊れれてしまった

ようです。

これで20分飛んでいたのは

奇跡的でした。

 パイロットの腕ののすごさですね。

しかし結局責任はだれもとらなかった。

 山崎豊子の『沈まぬ太陽』で

フィクション化されています。

映画化もされています。

合掌