SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

再掲、「炎天」という小説。




www.snowlog.net


 暑い日が続きます。

暑いときは怪談を聞いて涼むのもいいです。

怪奇小説を読むのもいいかもしれません。

等々力渓谷に行くのもいいかもしれません。

 最近は人の中にいくことが少ないですが

なるべく外出しないで

自宅で怪談聞くなり

怪奇小説読んでぞっとすると

少しは涼しくなるとおもいますよ。

 「炎天」は何気ない

日常にありそうな

怪奇小説

いかにも怖い設定ではなく

日常にありそうなところが

かえって怖いです。

 こういうのは英米の作家に

上手い人が多いですね。

 日本なら山田智彦くらいか。

アメリカのリチャード・マシスンなんかは

日常怪談が上手かったですね。

 いかにも日常にありそうな

設定から

怪奇譚を創造する。

 映画化された「激突!」や「アイ・アム・レジェンド」の原作なんかは

皮肉というか

なにげない日常から恐ろしさから

湧いて出るような小説です。