SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

「中国がやられてもわれわれに同情する国はない」と中国戦略研究所の教授。




news.yahoo.co.jp


 まあそうでしょうね。

近隣の国々にちょっかいだす国に

同情する国はない。

 お仲間はロシアと北朝鮮くらいか。

ロシアの経済は韓国程度なので

中国助ける余裕はないでしょう。

 21世紀はソ連に中国がとってかわったのです。

かつてのソ連がお金を持っただけになってしまいました。

そういうお国柄だからしょうがない。

 中ソ対立して国境でモンゴルともめて

インドともめてベトナムやフィリピンとももめて

どこにも仲間がいなくなってしまいました。

 敵の敵は味方の発想ですが

お金貸してる

アフリカ諸国もアジア諸国

米中対立には関わりたくはないでしょうね。

 いかにソフトランディングするかが

問題なのです。

 ドイツとイギリスは貿易で互いに重要な国でありましたが

結局二次大戦では敵国同士になってしまいました。

コマーシャル・ピースでも容認できないことは

あるのです。