SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

漫画家・タレントの蛭子能収さんレビー小体病と認知症に罹患。


news.yahoo.co.jp


 漫画家として、そしてタレントとしても活躍している

蛭子能収さんがレビー小体病と

アルツハイマー認知症に罹っているようです。

 記憶力の衰えや計算ができない

幻視がみえるとのことで

診断されたようです。

 レビー小体病(レビー小体型認知症)に

罹患する人は増加しています。

認知症だけで約80種類あるのですが

そのなかでも多いのが

脳血管性の認知症アルツハイマー認知症

そしてレビー小体型認知症です。

 レビー小体型は脳にレビー小体というたんぱく質のかたまり

が脳内にたまってしまって神経細胞が侵され

認知がゆがんでゆく病気です。

原因はよくわかっていません。

レビー小体というのは

この小体の発見者がフレドリック・レビーさんという方

だからレビー小体です。

 ジェームズ・パーキンソンや

アロイス・アルツハイマーと同じですね。


 本来ならば脳内から掃けて行くはずの

たんぱく質のかたまりが

脳内にあるので神経細胞が侵されて

幻視がみえたりするのです。

 
 認知症はあまりクリエイターは

ならないのじゃないかなと

おもっていましたし

蛭子さんがというのは意外でした。

 麻雀が好きな人は認知症には

なりにくいと聞いたことがありました。

 まあ囲碁や将棋が好きでも認知症になる人はいるので

賭け事やボードゲーム好きなら

認知症にならないとは断言できませんが。


 蛭子さんの漫画は特異な作風で

ガロ系ともいえるのか

不条理な状況におかれた人間を描きます。

 漫画評論家でもある呉智英氏は

つげ義春の不条理は意味を持たせようとする不条理だが

 蛭子能収の不条理には意味を持たせようとする意図はない。」

と評しています。

 ひたすら不条理な状況が続き、

それが解明もされないまま、収拾もつかないまま、

話は終わるというなんとも救いようのない漫画なのです。

 このような作風なので

発表する媒体は限られていましたが、

呉智英根本敬などの理解者もいるようです。


 蛭子さんは生活に苦労してきた方ですが

そういう人たちが好きなようです。

貧困にあえいでいるような人も好きなようです。

 「(ギャンブルで)負けた後に食べるおにぎりが美味しい」

泉麻人のインタビューに答えています。

こういうことはなかなか言えないですね。





呉智英氏の労作
『現代マンガの全体像』

現代マンガの全体像 (双葉文庫―POCHE FUTABA)

現代マンガの全体像 (双葉文庫―POCHE FUTABA)

  • 作者:智英, 呉
  • 発売日: 1997/01/20
  • メディア: 文庫


泉麻人のインタビュー集
『けっこう凄い人』