SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

5月も終わる。宿題が多いのか?






news.yahoo.co.jp


  もう5月も今日で終わります。

史上かつてない5月でした。

 
 中高生はたいへんでしょう。

熊本県の中学で宿題が多いと

話題になっています。


 毎日大学ノート2ページ分埋めるとか

なんのためにやっているのかな?

やらされているのか?

 自分のときはどうだったのか?

宿題あったとおもうけど

こういうのはなかったな。


 まあ勉強は好きで

勝手に勉強はする子供だったので

数学や理科は

数研出版のチャート式なんかはやっていたはずだ。

中学のチャート式は今もあるようだ。

 毎日大学ノート2ページ埋めるのはやらされなかった。

なんのためにやるのか?

埋め草的にやらされているのか?

 埋めるために(まったくそう)だとしたら

つまらないだろう。

 ラッセルの言う「実りのある単調さ」に耐えるという

訓練も中学高校時代には必要であると思う。

それにしても無意味に大学ノート2ページ埋めるのは

退屈だろう。

 問題集のここの章のこのセクションまでを

やれという宿題ならわかるが。

 こんなことでは(なにか別の意図もあるのかもしれないが)

勉強嫌いになるだけだろう。






 

 
まだがんばっているチャート式