SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

川崎市多摩区での殺傷事件から1年。



 昨日投稿しようとした記事。


www.snowlog.net


 昨年の5月28日に起きた事件。

被害者は二人

加害者は自殺で

動機も不明。

 あれから一年経ったが

今も事件の真相は不明。

加害者が自殺してしまったのだから

 こういう事件はアメリカでよくおきるが

日本で起きるのはめずらしい。

 加害者の顔写真が一様に中学生時代の

もしか報道されていなかったのも

印象的で、高校や大学時代のものはない。

この加害者の孤独を連想させる。

 やはり孤独であることは

人によっては(人によってはです)

何某かよくない方向へ向かうようだ。

 孤独が好きな人もいるようだが

そういう人は孤独ではなくて

ひとりでいることが好きなのだ。

ALONEではなくSOLITARYなのである。


 軽々にはいえないが

加害者は養子にいって、養父母や家族から

差別されていたとの報道もあった。

家族内で孤立していたのではないか。

長年のうっ憤かなにかが引き金になったのだろう。