SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

アンドリュー・ガーヴ『ヒルダよ眠れ』を読む。






 ミステリの名作なんだけれども

いまいち知られていない作品。


 ミステリが好きそうな方がいらっしゃる。

www.sweetswan.com

 この方のブログでは

5月5日の記事

イブリン・ウォーの『ヒルダよ眠れ』

になっている。


 アンドリュー・ガーヴ

 イーヴリン・ウォー

 同世代のイギリスの作家ではあるが

「-ヴ」しか合っていない。

しかもイブリン・ウォーである。

 (*´Д`)

 アンドリュー・ガーヴとヒラリー・ウォー

混同していて

さらにヒラリー・ウォーとイブリン・ウォーとを

混同していたかも。


 イーヴリン・ウォーが知られていないのだ。

(もっともアンドリュー・ガーヴもしられているかどうか?)

2000年代2010年代になってから

ぽつりぽつりと翻訳が出ているが。

 代表作の『名誉の剣』を翻訳してほしい。

二次大戦を扱った小説として

ノーマン・メイラーの『裸者と死者』

とともに傑作といわれていた作品であるが

需要がないんだろうなあ。

 本国イギリスでもイーヴリン・ウォー作品は

好き嫌いはわかれているようだ。


 アンドリュー・ガーヴだった。

ヒルダよ眠れ』は悪女モノである。

死んだ(殺されたとして夫が疑われるが)

妻がいかにひどい女性だったかということが

死後に暴かれていくお話である。

アンドリュー・ガーヴはこの1作で日本で知られている作家である。



ヒルダよ眠れ』新訳