SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

今年は暑い夏になるのか?





news.yahoo.co.jp


 暑いのは苦手である。

昭和の時代は郊外はそれほど暑くなかったと思う。

いまや杉並や練馬でも暑い。

 練馬区内に住む知人は

この30年で暑くなったといっている。

 都心から暑さが移って行っているのか?

路面も暑い。小さいので子供は危ない。

 もっとも暑かった年は

(記憶で書くが)1994年、2010年、2018年だ。

 このなかでいちばんの猛暑なの2018年であろう。

京都や名古屋で38度39度である。

京都や名古屋の人は大丈夫だったのだろうか。

 名古屋の知人は

「冷たいものでも買いにいきたいが暑くて動く気にもならない」と

連絡してきた。

 親戚は「命の危険を感じるから極力外出はしない。」と

連絡してきた。

 2018年は軽井沢で冷房買うご家庭が出てきた年である。

避暑地で冷房が必要になったのである。

 1994年も暑かった

都内で39度である。体温よりも高い温度である。

近傍で暑さで倒れた人もいた。

 2010年も暑い年であった。

熱中症で1800人くらい亡くなっている。

この年以降熱中症対策は本格化したと思う。

翌2011年も暑い年であった。

 毎年言っているが

猛暑日が予想されるのならば

屋外での実習は屋内の座学にしたほうがいいと思う。

毎年子供が死んでいるではないか。

学校の判断次第である。