SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

検察庁法改正、立憲枝野氏「火事場泥棒だ」と批判


headlines.yahoo.co.jp


  横須賀のさいか屋が閉店するようです。

個人的には検察庁法よりも

そちらのほうが残念ですね。

 長い間営業していたのに

10年前に経営難にもかかわらず

復活していた老舗デパートだったのに。


 さて政治手法が露骨になってきました。

検察官の定年がそんなに重要かというと

検事というよりも

黒川氏(犬が好きだそうですが)が

大事なのでしょう。

 安部政権もなりふりかまわずになってきました。

トランプ政権みたい。


 小泉今日子さんからも批判されています。

お子さんがいないのがコンプレックスという

 小泉今日子さんも怒ったのか・・・


芸能人でも政権批判してもいいとおもいます。

むしろじゃんじゃんやるべきで。


 日本は行政権が強い行政国家で

きれいに三権分立していない。


 起訴・不起訴も検事が決める。

起訴されたらほぼ有罪で

不起訴になったらほぼ無罪で

これも検事が決めているようなものだ。


 しかし 小泉今日子さんの

検察庁法案に抗議します」

というのは正しいのか?

検察庁法案に「反対して」、抗議します」

が正しいのではないだろうか?

そうすると長いのか?

 細かいことが気になる

わたしの悪い癖であるが。




日弁連会長の声明

(「反対する」になっている)

はわかりやすい。

www.nichibenren.or.jp