SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

パワハラ防止法施行、パワハラ上司の処遇で会議が




 4月から改正派遣法によって

正規・非正規は

同一労働同一賃金となります。

猶予期間はあるようです。

6月にはパワハラ防止法施行です。



 パワハラで社内で

有名な(悪名高い)

上司の処遇を巡って

会議がおこなわれていたようだ。


 どのような規模の会議かはわからない。

しかし、6月からパワハラ防止法施行である。


 いったいどうなるのかな?

派遣の方々も重要である。

 
 人にプレッシャーかける人には

きびしくなる時代となった。

なっていいですが。


 一日でやめる新入社員もいるような

時代である。

 会社勤務がいやで

起業する人も多いと思う。

 5社から10社ほど渡り歩いて

起業した人たちも知っている。


 上手くゆくだろうか?

適性のあるなしはあると思う。


 10社勤務で辞めるというのは

組織に属することについては

適性がなさそうである。


 個人的にしっている部分については

その人たちは

会社勤務についてだけではなく

全般的にこらえ性がない人である。

なにかにつけである。


 会社勤務は我慢大会

(組織になじむことは必要だが)

ではないので

いやなことや理不尽なことを

我慢する必要はない。


 パワハラモラハラがあったら

上長にいってみたほうがいいと思う。

改善されればいい。

されなければ

会社名が公表されてしまう。