SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

『相棒』SEASON18 第十八話を視る。





 ミステリドラマはみています。

レストラン開業資金の

1億円のお金が盗まれる。

 杉下右京の知人の知人が

被害者にあった。

 つるはし・こうたろう

という会社員が

襲われた。

 部長からの命令で

現金をはこぶことになった。

 きさらぎリゾートという会社の

開発らしい。

 犯人をさがす特命係ではあった。

しかし、つるはしが1憶円をはこぶことは

急なことで

内部の者しかしらない

情報である。

内部の者が怪しいと右京は

推理する。

 車を止めた時間も

襲う時間もタイミング良すぎで

用意周到な計画的犯行である。


 つるはしに和菓子屋によるように

指図したのは

部長の高山であった。

 つるはしには兄がいて

きさらぎリゾートには

なにか含むところがあるらしい。

 おしだ課長もあやしい。

おしだ課長はつるはしの旅館の

買収をしかけたと

つるはしは疑っている。

 課長は死体ではっけんされる。

今回は急な展開が多いようだ。


 きさらぎリゾートの防犯カメラに

つるはしが映っていた。

 おしだ課長ともめていたことも

判明してしまった。

 つるはし旅館の兄弟が

強奪事件の共犯か?

 兄弟間で確執があったようだ。

兄は旅館の仕事をやめて

出て行ってしまったのだった。

 つるはし旅館を買収したのは

きさらぎリゾートの謀略であった可能性があった。

 やはり

1億円の強奪犯はやはりつるはし兄か?

 つるはし兄は客に暴力をふるって

旅館は傾いたのであった。

 みやくらという店は

名店であったが

きさらぎリゾートに

身売りしてしまうようだ。

 同じことが

かつてのつるはし旅館にも

いえた。

 反復がある。

なにかもパタンだろう。

 みやくらは食中毒騒ぎを

おこしていたようだ。

 なにか陰謀がるようだ。

だんだん何か裏があるように

思われる。

 スキャンダルをでっちあげて

窮地に陥った店を買い取るという

構図が見えてくる。

 天竺商店といういかがわしい会社が出てくる

ここの従業員が食中毒騒動をでっちあげたらしい。

 天竺商店は反社会的勢力のフロント企業のようである。

(ここまでが半分であるが、だいたい犯人の予想はついた)

 つるはし兄は誰かをかばうために

自首してきたようだ。

 兄は弟をかばっているのか?

1億円強奪と

おしだ課長殺しは

誰のしわざか?

 
 ミステリなので

ネタばれは避けます。

結末は後味が悪いものです。


最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。