SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

『相棒』SEASON18 第十七話を視る。






ミステリドラマはみてしまいます。


 女性の指にこだわる事件が

起きる。

 冠城が獄中の女と会う。

冠城は焼き立てパンの女性に執着があるようである。


 獄中の女はサイコパスのようだ。

以前にも登場した。

 指切り男は誰だ?

この女は知っていそうである。

 冠城にカマをかけている。

今回は冠城が主役のような解である。

 ブラックパールの女が

獄中手記を発表。

 魔性の女の手記を

出版社が発表している。

 冠城の悩みを当てて見せる。

指切り事件は

新月か満月の日に起きている。

 狼男か?

超自然現象ではない。

 犯人は礼装用のネクタイで被害者の

首を絞めて殺している。

 礼装でなくとも

日常的に使用している飲食店関係者があやしい。

捜査はすすむが

今回は

冠城が主役のようだ。

 真珠がポイントのようだ

真珠がのどにつまっているとの

ことである。

 指切りの怪人物は

ますます奇怪さを増している。

 今回はホラーみたいである。

ようやく有力な容疑者に行き着くが

容疑者は自殺してしまう。

 獄中の女は

予知夢をみるようだ。

ますます『相棒』らくしくなくて

ホラーみたいである。

 たまたまそのような夢を見ることがあるのだろう

と考えるのが常識的である。

 冠城はパン屋の女性を探し出すために

獄中の女に操られている。

 冠城は件の女に洗脳されているのだった。

パン屋の女性は

自殺した容疑者に監禁されているようだ。

 ミステリなので

ネタばれは避けます。

 獄中の女はキラキラ星を歌っている

それも何かのヒントかもしれない。

 冠城と右京は

パン屋の女性を探し続けている。