SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

野党、首相の「暴力革命」発言撤回を要求。






 共産党はフィリピンを

目指すのかな?

米軍いなくなった日本、国。

平和的革命というのは。

 まともな右翼(保守)は

アメリカが嫌いというか

敵なので、

 この点は共産党と一致しちゃううんだ

これがまた。


headlines.yahoo.co.jp

 
 千駄ヶ谷の政党は

まだ暴力革命を捨てていないと思う。

 マルクスレーニン主義

暴力革命推しだからである。

それによってしか革命はなしえないということである。

「敵の出方」次第ということもある。


 本家の中国は極めて格差社会である。

超学歴社会である。

共産党員の子息でなければ

出世できない。

経済的に発展している。

 それって帝国主義や資本主義じゃん。

資本主義の最終段階じゃないの。

 
 日本共産党は中国を共産主義とは

認めないようである。

 「革命に成功した国」の

総本家のロシア・ソ連・ロシアはどうなったのか?

ここは昔の中国みたいになってしまった。

経済は韓国程度である。

つまり東京都程度である。

 人口は減少している。
 
DVひどくて海外に逃げ出す女性もいる。

かつては亡命する人もいた。


 プーチン氏はソ連崩壊は20世紀最大の

残念事だったと考えているようだ。

かつての栄光をふたたびと思ってるに違いない。


 時代下って規模小さくなって

中国がかつての東ドイツみたいになって

ロシアがかつてのルーマニアみたいになったりして。

あ、北朝鮮キューバがそうか。


 そのとき

日本の共産党はあるのだろうか?

今も党員の高齢化で大変のようだが。

いちおう西側最大の共産党である。

いちおうだけれど。

革命を本気で考えているのだろうか?




映画監督大島渚氏の指導教官だった猪木正道氏の著書。

まさか角川文庫で出るとは思わなかった。

かつて出ていたのだろう。

旧版は神保町の小宮山書店で見かけたことがある。

新版 増補 共産主義の系譜 (角川ソフィア文庫)

新版 増補 共産主義の系譜 (角川ソフィア文庫)