SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

相模原障がい施設殺害事件、被告側は「別人格」と主張。


 障がい者殺害の犯人、被告が

大麻の影響で

無罪を主張しているという。


障害者殺傷、被告側は「別人格」 検察「正常心理」、責任能力争点(共同通信) - Yahoo!ニュース


 今日の横浜地裁の裁判では

被告は不穏な動きをして

閉廷となってしまった。

 つぎは明後日になった。


争点は責任能力ということになる。

 大麻使用は犯行の一週間前に

3~4回と

被告は言っているようだ。

 アルコールや薬物によって

心神耗弱や心神喪失が認められれば

 減刑か無罪となる。

 しかし、かなり

きびしいだろう。


 包丁五本用意して

結束バンドも用意して

侵入しやすいところから

侵入して

職員に通報されるとおもって

逃亡している。

 これらの行動は

合理的で

 意思の偏りがあるので

意思決定ははっきりしている。

 よって

心神喪失心神耗弱は

みとめられないであろう。

 構成要件該当性と違法性については

争いがない。

 ひたすら責任能力にポイントしぼっている。

 弁護士も無理だとはわかっているだろう。

それでも死刑が無期になれば

(この事例ではならないとおもうが)

お手柄というか

腕がいいと思われる。