SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

フィンランドの週休三日は誤報?




 今日は昭和天皇

亡くなった日ですね。

 日本は立憲君主国ですが

フィンランド「共和国」の

週休3日は

 誤報のようでした。

headlines.yahoo.co.jp


  フィンランド

6時間労働で週休三日にあるというのは

すごいというか

生産性がすごいのか

国が潤うのか?

 福祉が充実しているのか?

謎も謎だったのですが

どうやら誤報のようです。

 トップは若い方です。

大使館が否定しているので

誤報でしょう。
 
 でなければ

夢のような国ですね。

 日本も週休三日になってほしいです。

週休5日でもいい。

 週休7日なら

それは無職をうたがってもいいですな。

 (起業家は別ですが。)

しかし、フィンランドなら

可能か?

 人口は日本よりも少ない。

550万くらいだったかな。

 その550万人が

一人で100人分くらいの生産性がある

超ウルトラスーパー精鋭社員だったら可能か?

 週休4日も可能かも。

北欧の国では

外国人でも一年間働けば

老後に年金が受給できるようです。

 なせここまで福祉充実できるのか?

北欧とオランダは謎だらけですな。

 税や保険料の負担が多いのでしょうね。

人口の移動で

それ崩れたらどうなるのか?