SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

『相棒』 SEASON18 第十一話を視る。



 医療ドラマはみないけれど

ミステリは視てしまう。


 特命係と青木はゴルフ場にいる。

監視カメラがのぞく。

 女性が話しかけてくる。

警備会社の女性・雨宮であった。

 社長の蓮見は(よくあることだが)警察OBのようだ。

(ちなみに

 ホームセキュリティについては、

 S社のほうがいいようです。

 ライヴァルのA社の人がいっていましたが。)


中園と内村部長もいる。

警察OBの子供を接待しているようである。

 接待ゴルフは嫌だなあ。

こんどは

男性が話かけてくる。この二人が蓮見親子で

息子のほうは

凶悪犯に発砲して

同僚を救ったことがあるようである。

 副総監も出てくる。

親子と秘書三人で

帰るところのようだ。

 迎えが来た。

内村部長も一緒に帰るようだ。


 内村部長の足がつって

しまって

(ゴルフやると

 肢がつりますな。)

 男が内村部長を助けている。

喫煙している怪しげな男が

内村部長をみている。

 そこで

地下駐車場がドカンと爆発した。

 
 ゴルフ場のマネジャーと特命係が

駆けつけると
 
 社長の蓮見と秘書の雨宮は助かったようだ。

事故ではなくて

爆発物を爆発させたようだ。

 喫煙していた人物は

溝口、暴力団であるようだ。

 今回は密室劇のようだ。

犯人の目的はなにか?

冒頭の制服警官に関係がありそうである。

 携帯を車にとりにいった

人物は射殺された。

 冠城らは地上にいる。

暴力団員の溝口が発砲したため

薬品がもれて

危険である。

 一課の刑事の伊丹らもかけつけて

きた。

 指揮は中園参事官がとる。

溝口の犯行目的は

自分の組織の仲間で

現在は収監されている

ものの釈放である。

 ややこしいCMがはいるが

ドラマは続く。

ここまで30分である。

犯人の意図をは明確であるが

そこは何か

単純ではないものが

あるのではないかと

思わせる。


 警備会社社長の

息子の係長に

警備会社の社員が

やってくる。

 冠城は爆破は

フェイクかトリックで

人を殺すものではなく

人質8人の中に

共犯の存在を疑う。

 かつて

ゴルフ場近辺で

崩落事故があった

ことを右京は指摘する。

 その事故で

救出された人がいた。

 その人を救出した

人物が元レスキュー隊の真鍋である。

 いちおう人質の一人になっている、

溝口は蓮見を

狙って撃とうとするも

右京が動き、

蓮見社長は助かった。

 溝口は肝臓病で

もってあと半年のようだ。

 トンネル事故の後で

真鍋はレスキュー隊を

辞めている。


 溝口や真鍋の犯行動機は

ベクトルは違うが

自分にとって大事なものを

守りたいというものが

あるのだろう。

 暴対法や社会悪への

憎悪があるのだろう。

 収監中の組長

溝口を説得する。


 ふたたび

蓮見社長は

狙われるが

右京が動いて

溝口を制圧してしまう。


 人質8人は

実は初対面ではなかった。

 ここで思い起こされるのは

昨年の1月に放送された

相棒のSPである。

 社会派の部分がみられるのは

この元日SPである。

ここまで60分である。


 実は人質のほうが犯人で

最初に犯行を計画したのは人質のほうであった。

 そこに溝口がやってきて

事件の計画がくるった。

 溝口は利用されしまったのであった。

警察関係者、警備関係者を除く

人質はすべて犯人・共犯者

であった。

 (冬の事件なので

 クリスティの有名なミステリ作品

 を連想する。)

 ふたたび有毒ガスの危機である。


ここでも

右京は活躍する。

 犯人の一味を

制圧する。

 地下の事件は解決される。


さてここまで

75分

 このあとどうもたすか?

これは難しい。

 犯人のひとりの

奥村はすきをみて

逃亡してしまう。

 まだ二転三転

なにかあるようです。


 警備会社の役員と秘書の雨宮にも何か

あるようである。

 この事件は

複雑で

 警備会社にお金絡みの

後ろぐらい取引があったようである。


 入江という人物は

警備会社の社長の息子の

スキャンダルを握っているようである。

 ここまで90分ちょっとである。

社長の息子の蓮見係長になにか

あるのようだ。

 冒頭の映像が気になる。

蓮見社長は息子の事件のもみ消し

親の不正

 両方もみ消したいようです。

すっかり

爆破事件から

離れてしまった。

 まあ美談には注意ということです。

係長の美談・手柄もそうではなかった。

 係長のことを知る

タクシードライバー

特命が追いつめる。

 社長親子のスキャンダル

が暴かれる。
 
 警備会社の防犯カメラが切られている

意図的に切られたようだ。

 係長は脅迫者を逮捕する。

ここまで120分弱である

ここで意外な人物が現れる。


 秘書の雨宮である。

じつは

係長に殺された

人物が

雨宮の恋人であったのだ。


 ミステリなので

ネタバレは避けます。


 元日SPは社会派の要素が

つよいですね。




最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。