SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ゴーン被告がレバノンに出国。



 おそれていたことが

おこってしまいました。


 まえの投稿した記事

で海外に逃亡する

おそれについて

書いています。

 許永中と同じになってしまいました。

www.snowlog.net

 どうやって出国したかは

謎ですが

お金持っている

人なので

不可能なことも

可能にしてしまいそうです。

 泥酔して30代女性に乱暴した

東大生も

750万円ほど被害女性に

支払ったそうですが

有罪になるでしょうか?

 執行猶予ついたら

嗤いますな。

 金ずくなので

池袋暴走の元院長も逮捕されませんでしたからね。

 1974年の

アメリカ映画『チャイナタウン』の

なかのセリフで

「金持っていたら殺人をしても

 もみけせる」

というようなセリフがありますが。

金かければなんでもありの世界ですな。

 日本の保釈制度の欠陥でもありますな。

こまったものです。

 日本で、外国人が多く入ってくるこれからは

こういうケースは増えると

思いますね。

 なんだかなんだで

日本は甘いのです。

 トヨタアメリカ人役員の女性も

日本に違法薬物の痛み止め持ち込んで

いても不起訴ですから。

 弁護士の弘中先生は

根耳に水で困惑しているようです。

ええ、本当ですかね?