SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

逆・あちらを立てればこちらが立たず症候群。






 難聴になって、

さらに胃潰瘍・十二指腸潰瘍になって

さらにさらに爪下血種

(じみに痛いですな)

になったのですが、

 良いこともありまして

呼吸が楽になっているということです。

長年鼻が詰まっていたのですが

今年後半になってから

急にそれが解消されました。

 これは空気清浄機の

おかげかもしれないです。

 鼻詰まりがなくなったのは

劇的でして

 なんか空気もきれいな感じです

(あくまで感じなのですが)

今は加湿器も使っていますが

やはり空気清浄機の力はすごい。

 鼻詰まりだと頭も重たくなったのですが

それが解消されてしまいました。

 難聴はやや回復してきたようなきがします。

(気ですが)

胃潰瘍・十二指腸潰瘍のほうも

服薬で収まりつつあります。

 爪下血種は皮膚科を受診する予定です。

来年になるのでしょう。

(他人事みたいね)

こういう現象を

端的に

なんというのでしょうか?

 医学的には病気だらけということになるのでしょうが

「逆・あちらが立てば、こちらが立たずシンドローム」とで

いいましょうか。

(あちらとこちらを入れ替えたりすればいいのでは

 とも考えましたが)

まあ鼻詰まりがないのは

かなりありがたいです。

空気清浄機買い替え万歳。