SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

月9ドラマ『シャーロック』 特別編を視る。




 獅子雄が守谷と海中に消えて

から

獅子雄はどうなったのか?

 獅子雄の活躍で

逮捕された犯罪者に

女性ジャーナリストが

インタビューするも

反省していない様子である。

 これは

回想記になっている。

かつての犯罪者はどうなっているのかと

会いにいっている。

『舞踏会の手帖』みたいなものである。

例えが古いか?

んじゃ『泳ぐ人』ならどうか

え、こっちも古いか。

1話の「医師変死」

医師の妻は反省していない。


 若宮は女性とあっている。

なかなか楽しそうである。

 この女性は

自己破産している。

 担当の弁護士は

青木愛子である。


2話「新宿駅替え玉遺体」

 青木愛子は

アイリーン・アドラーにあたるのか?

 ホームズ譚に出てくる女傑は

アイリーン・アドラーしかいないな。

3話は「地面師詐欺」

警察の関係者が絡んでいる。

 つぎには

4話は「チャンプの失踪」の

ボクシングジム経営者である。

 この男は獅子雄に感謝しているという。

小暮刑事がやってきて

女性ジャーナリストは

怪しいという。

 守谷の一味ではないかという。


 次に5話「歩く死体」の

息子に死なれた

母親が出てくる。

 この犯人は

息子をとても愛していた。

それはあたりまえだ。

 息子との二人だけの

世界を獅子雄に見抜かれた。

 若宮は

息子を愛した母親から

逃避した父親は

パワハラやりたい放題の

上司を告発するようだ。


 6話「前世殺人」

の医師は

だまそうとして

自説への固執から

自分を見失った。

そして自分が騙された。


 7話「祖父誘拐事件」

この犯人も反省していない。

これは「ギリシャ語通訳」が

ベースにしているとおもわれる。


 8話「遺書の暗号」

守谷と関係している

サットンビジネススクール

が出てくる。

 運営者は守谷の

つながっていると

後にわかる。

マナーハウスの事件」も絡めていると思う。


 9話「レストラン密室殺人」

後味が悪い事件。

でも視応えは会ったと思う。

 犯人は後悔しているようだ。

切ない話でもあった。

 レストラン

経営者は再起していたようだ


 10話「都知事長男誘拐事件」

これは

「プライオリスクール」が

ベースになっている。


 11話「最後の事件」

である。

 守谷の配下は

特別編では

ジャーナリストに

問い詰められて

自殺しようする。

 獅子雄と守谷は

つながっているのでは

疑惑が沸いてくる。

 しかし、

 獅子雄と守谷の

捜査は打ち切られている。

 獅子雄の遺書らしき

ものがみつかった

 生死不明

行方不明にはかわらない。

しかし、『シャーロック・ホームズ

シリーズで「空き家の事件」で

復活したように

『シャーロック 2』があるのではないか


そのような感じである。