SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

窃盗容疑の疑いでセコム社員を逮捕、顧客留守宅に合鍵で侵入。

 まだ容疑者の段階ではあるが

事実ならば信頼を揺るがす行為である。

 しかも逮捕日が11月1日である。

この11月1日は「警備の日」である。

あろうことか「警備の日」に

警備会社の社員が顧客宅に窃盗目的で

合鍵で侵入で逮捕である。

 防ぐのも難しい事件である。

防ぐためのセキュリティが、

泥棒にはいってしまうのだから。


headlines.yahoo.co.jp


 この会社の従業員とライバルのA社の

従業員に保安業界の事情(この事件のではないです)を

聞いてみたことがあった。

 「危ない目にはあったことがあるか?」

という

質問には二社の従業員とも

「ある」と

こたえた。

 取引先に泥棒や強盗が入って

そいつ(ら)に遭遇したというのである。

 別の従業員に先に通報されてしまったとも

悔やんでいた。


 さらに

ちょっと微妙な質問ではあるがと

前置きして

「自社の従業員が取引先に

損害や被害を与えたという事例は

あるのか?」

ときいてみた。

 そうしたら

二社の従業員二人ともが

「わたしの名は絶対に出さないでほしい」といって

「残念ながら、

 ある」と

答えた。

 元従業員ではなくて

現役の従業員であったこともあるそうだ。


 今は改善されていると

信じている。


 今般の事件で保安会社の株価には

影響は出ると思う。