SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

『相棒』SEASON18 第四話を視る。

 カトク(過重労働特別対策班)の片桐が

転落して死んだ。

 敏腕記者の中川は

このことをみていたがを

大きな記事にしない。

 片桐と中川になにか

関係があるから

記事にしないのか?と

杉下と冠城は疑う。


 中川の同僚の女性にもあたるが

なかなか情報をくれない。


 捜査一課はカトクに捜査にいくが

殺人事件にもかかわらず

調査中ということで

カトクもなかなか情報をくれない。


 ヤクトウ工業の外国人技能実習生の

過重労働によるであろう死があった。

その仲間がカトクに

ヤクトウ工業の事件を匿名でメールで

告発した。


 ヤクトウ工業製造の遊具で

子供が死んだという事例があった。

メンテナンス不足であると

公にはしてあるが

遊具は製造過程に問題が

あると中川はにらんだ。


 ヤクトウ工業の事件で

片桐と中川はつながりがあった。


 中川は片桐の遺体が運ばれるのを

みたが顔は隠されていた。

にもかかわらず片桐と断定した。

なぜ片桐の遺体とわかったのか?

それは謎の一つである。


 ヤクトウ工業のバックには

代議士の松下がいる。

このドラマのお約束だが

松下が警察やカトクに圧力をかけてくる。

不祥事は隠蔽したいのだろう。


 警察や役人は代議士に弱い。

しかしカトクのトップは屈しない。

中川の同僚の女性から

杉下と冠城は聞き出す。


 杉下は外国人実習生に

事情を聞く。

 過重労働で死んだ外国人実習生は

遊具で児童が死んだのは

自分のせいだと思い込んでいた。

そのことを遺書に書いていた。

その遺書は片桐が持っていた。

片桐は不自然な死に方をした。


 ここまでくるとこの事件の

本体はもう大体わかる。

 遊具で児童が死んで、

その遊具は過重労働によって死んだ

外国人実習生の作ったものだった。

 過重労働では精緻な遊具は作れない

かもしれない。そうだろう。


 ヤクトウ工業は児童の死は

メンテナンスの問題であると突っぱねる。

 ヤクトウ工業の社長と

代議士の松下は「癒着の友」である。


 片桐をつきおとした

と思われる片桐の同僚の男・西島が連行された。

この西島は誰かをかばっている。


 外国人実習生の遺書は

片桐の持っていたものの中から

みつかった。

 片桐がこれを隠し持っていたのは

カトクのトップの立花女史を

守りたかったからのようだ。


 謎は片桐が転落死したことである。

これについては

このドラマの

ネタばれになるので

明かさないでおきます。


 外国人実習生の過重労働という

今日的なテーマをもってきたのは

『相棒』らしい。

今回は構造が複雑なので

ちょっとわかりにくいかもしれない。


 誰かが誰かを守っている

その誰かが誰かを守っている。

そのまた誰かが誰かを守っている。


 しかし本来は

一番人を守らなければいけない

人物が自分と自分の利害関係者以外

の誰も守っていないという

酷薄な事実がドラマではなく現実にもある。



最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。