SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

チュートリアル徳井氏が申告漏れ。



 なにかにつけルーズで

数年間も税金収めていなかったのも

驚きだが

報道も強烈であった。

 とくにNHKがすごい。

「人気お笑いコンビ・チュートリアルのボケ担当の徳井義美さん」

であった。

 正確を期すためなのだろうが

「ボケ担当」の部分は必要なのだろうか?

 たとえばトリオだったら

どうなるのだろうか?

 3人以上になると

ほぼなにも話さない方もいらっしゃるとおもうが

○○のメンバーとか報道されるのだろうか?


 ○○司会者、○○ギタリスト(フルート奏者ならそう報道されるのだろうか?)、○○メンバー、○○タレント

と無理な感じがあるのだが。



news.yahoo.co.jp


 徳井さんは

吉本興業所属であるが

徳井さんには「チューリップ」という

自分の会社があって

そこが納めていないということである。


 しかし「お笑いタレント」という職は

稼げるようになったのだとおもう。


 ほんとど芸を披露する機会はなく

司会者やCMで稼いでいるとおもう。

 地道にライブをやっている人もいるが。

もうバラエティタレントなのである。

 自分の冠番組を持つか司会者になるのが

お笑いタレントのあがりみたいになって

若手の目標にみたいになっている。

ひな壇芸人でもけっこう稼げる。

 徳井さんはMー1の優勝者なので

芸ももちろん優れているのだろうが

ビジュアルでかなり得をしているとおもう。

 ちなみにM‐1のネタはそれほど面白いとは

思わなかった。

笑い飯のほうが面白かった。


 徳井さんの申告漏れは期間が長く、

金額も大きいので

悪質と

国税が判断したのであろう。


 佐川元国税長長官はどうおもっているのかな?

不当なことはなにもなかったとは

思わないであろう。


 そもそもセクションが違うから

どうしようもないのだが

佐川氏の答弁をおもいついた。