SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ノーベル化学賞、旭化成名誉フェローの吉野彰氏が受賞。


 ノーベル化学賞旭化成名誉フェローの

吉野彰氏が受賞した。

リチウムイオン電池の開発が受賞理由である。

京都大学工学部卒。

headlines.yahoo.co.jp

 2010年の鈴木章氏以来の

ノーベル化学賞の受賞である。

 科学の基礎研究の成果であろう。

教育や研究は蓄積が重要である。

それがないと続かない。

 これから

蓄積していけるかは

わからない。


 経済的に余裕のない時代になって

きている。

 経済的要請のないものは

弾かれていくからである。

 今の日本の業績は

数十年、数百年単位の

結果である。

 これから基礎研究に

どれだけ時間やお金がかけられるかが

大事なのだが、

 予算も時間もカットされてきて

いるのではないか。

 科学と経済には大いに発展していいという

(その負の側面はあまり議論されない)

無謬性はあるのだが、

逆に失敗が許されないという点もある。

 平成の大失敗の結果が

平成大不況で

そのつけをはらっているのが

現況(ロスジェネの救済など)

である。

 はやめはやめの行動が望まれる。