SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

マーケット・ガーデン作戦から75年


 6月に

ノルマンディー上陸作戦について

記事を投稿した。


www.snowlog.net




 1944年6月の

ノルマンディー上陸作戦から

3か月後の

1944年の9月の

マーケット・ガーデン作戦

作戦から75年たった。

 
 連合軍はオランダの5つの橋を奪って

V2号の発射基地を破壊して

発射を阻止しようと

いうものだったが、

 規模が大きすぎた。

当時の兵站は追いつかなかった。


 補給がままならないままに

作戦は遂行されて

結果、12000人の犠牲が出てしまった。


 指揮官は

90%は成功したと

考えていたようだが、

この作戦は失敗である。


 指揮官はイギリスの

バーナード・モントゴメリー元帥(9月に元帥になった)。

 マーケットとは

空挺作戦でカナダとイギリスが行いました。

 ガーデンは

陸での作戦。


 オランダ北西部まで

の160kmをいっせいに進軍しようという

(これがすでに無謀なのだが)

作戦で、

モントゴメリー元帥は

1944年内に戦争を終わらせたかったようである。


 それにドイツはかなり弱体化していると

考えていた。

 しかし、ドイツは態勢を立て直していた。

映画でもでてくるが

戦車が多くあった。

 ドイツといえば機甲師団

機甲師団といえばドイツである。


 モントゴメリー元帥は

戦車は多くないだろうと

思い込んでおり、

この見通しの甘さが

10000人の犠牲を産んだのだった。


 また、ドイツにはモーデル、ビットリッヒ、シュトゥデントという

有能な指揮官がいた。

 さらに事前に作戦はドイツ側に

漏れていたのも

連合軍にはいたかった。


 連合軍は頑張ったが

ドイツはそれ以上に頑張った。

火器の性能も強力だった。


 空から降りるのはいいが

戦車を持って降りることはできないので

軽装備になる。

 橋を奪えなければ、戦車に追いかけられても

隠れるか逃げるかしかない。


 じっさい川を渡ろうとして

撃たれるままに撃たれまくって

多く犠牲が出ている。


 作戦始まって

5日目で

イギリス空挺部隊は周りをドイツ軍に

囲まれてしまい

降伏したのであった。

 この間、

10000人以上の犠牲が出てしまい

 5つの橋のうち4つは奪ったが

もう退却するしかない。


 160kmのうち90kmまでは

なんとかたどり着いたというが

やはり

この作戦は失敗である。


 アメリカのアイゼンハウアー元帥は

この作戦の補給には無理があると

は考えていたが、政治的な理由から

強力には反対しなかった。


 指揮官の功名心と見通しの甘さで

無謀な作戦を遂行して

多大な犠牲が出てしまったのである。




最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。




ライアンの戦史。


映画(実際にMG作戦に参加した方も出演している)