SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

傘で眼を刺されて失明、容疑者を逮捕。




 1969年にブルガリア人の作家が

イギリスに亡命者してきたのですが

1978年にロンドン市内の

橋を渡る途中で

何者かに傘で刺されて

殺害された事件がありました。

 傘は仕込み杖ならぬ仕込み銃で

傘型銃には猛毒のリシンが仕込まれていました。

 ブルガリア政府の仕業だと

いわれています。

映画みたいですね。


 
 東京のJR目黒駅前で会社員の男性が

目を刺されて失明した事件で、

逮捕された47歳の男が

「体が触れて男性とトラブルになった」

と供述していることが分かりました。

 東京・港区の会社員の

荒川拓雄容疑者は7月4日に

JR目黒駅前の路上で

コンサルティング会社に

勤める50代の男性の右目を

傘のようなもので

刺して殺害しようとした疑いで

7月23日に逮捕されました。

 防犯カメラで容疑者が

特定されました。

 凶悪犯を追い詰める

防犯カメラはすごい。


 警視庁によりますと

荒川容疑者は「仕事の帰りに目黒に」来たが

「被害者の男性と体が触れてトラブルになった」

と供述していることが分かりました。

 荒川容疑者は事件当時、

タクシーを待っていた男性と

トラブルになっていたことが分かっていて、

これまでの取り調べに対して

殺意については否認しています。


 JR御茶ノ水駅の

ホームで

階段を降りるときに

カバンが身体に

触れた触れないで

二人の若い会社員風の男性が

つかみあいのけんかになっていたのを

みたことがあります。

最初は話していたのですが

高揚して

つかみ合いになっていました。


 
 傘は危ないです。

傘を使っての頭頚部への攻撃は

殺意ありとみなされるでしょう。

実際に容疑は殺人未遂です。

それでも傘は規制されないでしょうが。


 逃亡したのも

まずかった。

 救急車呼ぶなりしたら

傷害ですんだかもしれないです。


 傘の先が目を通り越して

脳までいっていたら

亡くなった可能性が大です。

 そのような事件もありますし、

判例もあります。


 雨の日に傘を横に

持っている人もいます。

なんで垂直に持たないのか?


 眼も一生使えるのですから

破裂させられたら

大変です。

 体に入ってくる情報は

眼からが8割です。


 今回の事件は容疑者と被害者は

いい大人です。

 分別があるであろう年齢であると

言えます。

 もっとなんとか

穏便に解決できなかったのでしょうか。



最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。