SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

吉本興業社長の会見。




 元都知事

たまには

いいことを言っています。

 参院選京都アニメーション

放火殺人事件も

かすんでしまわないか

心配です。

 NHKまでもが

吉本興業関係の

二つの会見を報道していました。

ニュースバリューが

あるからでしょう。

すべては数字、

視聴率のためですね。


 吉本興業社長の

会見。

 本来は

マネジメントと芸人の

身内の問題であるはずで、

さらにはコンプライアンス問題で

 もとは芸人と反社との交友や

金銭授受の有無の問題が

いつのまにか

会社のパワハラ問題になっている

みたいな。

 報道されると、会見した人の

意図はなれて、

 誰が悪い、彼が悪いと

言い立てたがりますね。


 わたしは人を評価する時には

困難な状況において

最後は自分一人だけで戦える覚悟が

あるかどうかという

ことを最重要視します。


 だれかがいったから

自分もと言いだすのは

いやらしいと思います。

 発言力のある人が何かいったら

それにお追従するのは

みっともないと思います。

 従業員の組合でもあるのなら

しかたがないのですが、

 勢いで多勢や私党を募るは

いやらしいですね。


 退社するとかいうのなら

そっと辞めればいいと思います。

わざわざメディアで

発信することもないでしょう。

(別にしてもいいですが。)


 労使関係というよりも

マネジメント、業務委託

なのですから。


 先に会見した2人の

契約解除の理由は

反社との交友や

ギャラ飲みだったのですが

それはもっともな理由でした。

 では契約解除を撤回する

理由はなにかというと

合理的な説明はない。

 芸人ではないから

社長の方が

会見は下手です。


 先の二人は

よどみもなく

会見しています。

 さすがに言葉のプロだと思います。

ただ、弁護士立てているのならば

弁護士に任せればいいと思います。

 反社の被害者がいるので

謝罪会見をやりたいということ

なのですが

社長の言行にまで言及するのは

なぜでしょうか?

 それで

超大物芸人が

動いた。


 トップに

モノ申すことができるのは

すごいのですが

それも別の意味で

圧力じゃないですかね。

 糾すべきという

意味なのでしょうが。

(個人的には

 宮迫さんを映画でみてみたい

 とは思いますが。)
  

 京都アニメーションの放火事件の

安否不明者や

参院選の名前の間違い

のほうが重大だと思いますが。



最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。