SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

本名で女優活動できないという理不尽。


 公取が芸能プロダクション、

事務所に注意した

ことが話題になっています。

 メディアに圧力かけて、

自社を退所したタレントを使わないように

させたという疑惑らしいですが。

 当該事務所はその疑惑については

否定しています。

 しかし、公取が注意するからには

それなりに根拠があることなのでしょう。

メディアのほうが忖度したという

証言が出ているようです。

 この時期にこのような報道が

出てくること自体

当該事務所の影響力の低下というか、

何かが大きく崩れた感じがしますね。


 有能な人材が離反でも

したのでしょうか?


 公取

企業と企業の間に適用されていた

独禁法

企業対個人にも適用するよう方針の

ようです。

 事務所やめたら仕事なくなる

では困りますから。

(ホイホイと事務所かわられるの

 もまた困るでしょうが。)


 当該事務所の経営陣はコンプライアンス

どのように考えていくのでしょうか?

 帝国に夕映えが忍び寄っているの

かもしれません。

 国民的アイドルグループ解散時

の対応で

すでに壊れたかなと思います。

最盛期は衰退期の始まりとも言えます。
 

 麻布台1丁目にあったプロダクションの最盛期には

そのプロダクションから独立したタレントは

しばらく仕事がなかったそうです。

 その芸能プロダクションは

元所属のタレントを番組で使うと

現所属のタレントを

その放送局の番組に出演させないという

手段に出ていたそうです。

近代化していなかったのでしょうね。



 NHKの朝の連続ドラマの主演の女優さん

のんさんが

本名の能年玲奈さんでは
 
活動できなくなっています。 

 自分自身の本名をつかえないとうのは

理不尽ではないでしょうか。

 これも

前の事務所との契約があるから

という理由なのですが、

 同じドラマに出ていた橋本愛さんは

大河ドラマに出演しています。

 のんさんはみなくなりました。

在京のメディアでは

まったくみなくなりました。

そら恐ろしいものを

感じますね。


 かたや、契約がない、あるいは契約らしきものが

ないにも関わらず、反社との交友で

謹慎させられたり、解雇させられたり

引退に追い込まれた

タレントもいます。

 こちらは契約がないことが

問題であると思います。

 反社とつながりのある連中を追い出した

というのなら

契約関係もきちんとしていて

ほしいものです。

 きちんと説明しないで

メディアに

FAXでマネジメント契約を

解除したといわれても

当該人物はともかく

ファンは納得しないでしょう。

 口約束でも契約は成立します。

(いったいわないになりますが。)


契約法は

人生の必修科目です。



最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。




独禁法講義 第8版

独禁法講義 第8版

新標準講義 民法債権各論 第2版

新標準講義 民法債権各論 第2版


改訂されないだろうか?

民法講義 (5) 契約法

民法講義 (5) 契約法

民法講義VI 事務管理・不当利得・不法行為 (民法講義シリーズ)

民法講義VI 事務管理・不当利得・不法行為 (民法講義シリーズ)


近江先生の契約法は
改訂されていないのならば
潮見先生の御著書もあります。