SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。更新は21時です。Twitterもやっています。

ハーラン・エリスン編 『危険なビジョン(完全版)1』



 2018年に亡くなった

アメリカのSF小説

ハーラン・エリスン

作家でアンソロジストでも

ありました。

 有名なアンソロジー

『危険なビジョン』ですが

日本では翻訳と出版が遅れていました。

 1983年に

一巻目が出版されましたが

二冊目以降が出版されていませんでしたが

今年三か月連続で

1,2、3と出版されていくようです。


 翻訳家は伊藤典夫氏、浅倉久志

山形浩生氏、山田和子氏です。

ニューウェーヴという感じですね。


 名アンソロジーが翻訳、出版されるのは

うれしい。

 しかも文庫でです。

単行本で出しても売れないか。

 ファンは買うでしょうね。


 内容はというと

1960年代後半の

前衛的というか先鋭的というか

スペキュレイティヴ・フィクション・思弁小説

(この言い方を筒井康隆氏は

 気に入っていたようです。)

とも言われます。

 今読むとそんなに過激な内容

ではないのですが

1967年には過激な

小説群だったのでしょう。


 1は

レスター・デル・レイ

ロバート・シルバーヴァーグ

フレデリック・ポール

フィリップ・ホセ・ファーマー

ミリアム・アレン・ディフォード

ロバート・ブロック

ハーラン・エリスン

ブライアン・W・オールディス

の作品を収録している。

 わたしはSFファンではないですが

これらの作家の作品は知っています。

ディフォード以外の作家は

SF小説を読む人なら

知っているでしょう。

(シルバーヴァーグの

『いばらの旅路』は新装版が

 出ているのだろうか?)


 フレデリック・ポールは

上手い作家だと思いますが

あまりSFのファンからは

評価されていない。

 ジョン・ブラナーや

ロジャー・ゼラズ二イも

そうですね。

 ブライアン・W・オールディス

は『地球の長い午後』が有名です。

 『暗い光年』は新装版で

出ていないようです。


  

この記事は続きます。