SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

かんぽ生命に保険商品不適切販売の疑惑。



 G20を大阪でやっている。

韓国を除く19ヵ国のトップとは

首脳会談が設定されているようだ。

昨日はフランスの大統領の

マクロン氏と

会談している。

 このブログには

極力、個人的なことを

書かないように気をつけている。

 なぜなら個人特定されたら

自分だけではなく

勤務先や家族にも

影響が出てくるからである。

 とはいうものの

書いてることには

おもいきり

個人の感想が入っている。


 生命保険も

たいへんである。

 保険はお金を預かっているのと

同じである。

 うちの父が

いつのまにか

保険に入っていたということが

あった。

 祖父が入っていた

保険会社が

 祖父が入っているので

子もいれたらしい。

今はどうなっているかは

わからない。


 そういえば

最近は

保険の方が

会社に来ることはなくなった

気がする。


 CM流しているので

保険業界は

まだいい方なのだろう。

 対面しなくても

入れる保険もある。

 現在、人気の保険商品は

年金と生前贈与の保険である

ようである。


 医療保険や生命保険で

保険料が異常に高くなったと

感じたことがあった。

 なんでこんなに高いのか?

と問い合わせをしたら

最も高い保険料に

したという。

 それでは

無駄かなとおもったので

標準的な金額に

してほしいと

いったら

そのような金額になった。


 いつのまにかに変えられて

その金額を支払っている人も

多いのではないだろうか?


 さて話題になっている

のが「かんぽ生命」である。

 6月24日の報道によると

郵便局の扱う「かんぽ生命」について

「かんぽ生命」が高齢の契約者らに

それまで契約していた保険を解約させて、

より高額な保険を契約させた疑いが

あるという。

 事実なら、それは問題である。

保険の知識がない人が

とりあえず高額の商品を

売っていたようである。


(以前、かんぽ生命の

 保険を申し込もうと

 おもって

 連絡したら

 その商品は今

 扱っていないと

 返答してきたが

 次の日に

 実はその商品ありましたと

 連絡が来たことがあった。)

 民営化以降

だんだん仕事が雑になってきたのか?


 郵便局も民営となって

競争するようになってしまった。

 宅配便も日本郵便

佐川急便やクロネコヤマト

競争している。


 ゆうちょ銀行もあるが

記号・番号の口座もいまだにある。

ゆうちょ銀行の口座の番号もある。

(知らない方がいて驚いた。

 まだ統一されないらしい。)


 不採算のところは

なくなっているところもある。


 ゆうゆう窓口など便利だなと

おもっていたら

 時間を短縮したり

窓口そのものがなくなったところもある。

 飯倉の麻布郵便局のゆうゆう窓口

なくなってしまった。

集配もしなくなった。

麻布局自体が移転した。

(近所ですけど。)


 長く利用したので

さびしい気もする。

ゆうゆう窓口は芝局にはある。


 民営化してたいへんなのは

わかるが

保険商品は、保険の知識のある人が

ちゃんと扱ってほしいと思う。



最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。

日本郵政: JAPAN POST

日本郵政: JAPAN POST




追記

 ご高齢の方中心に

かんぽ生命の保険商品の

契約で悪質な二重契約が

6万件以上あるらしい。

金融庁から処分されるようである。

 日本郵便とかんぽ生命の

トップが謝罪した。

 社内では従業員に

SNSなどへの投稿は控えろと

お達しが出ているとのこと。

 内部告発されたくないのだろうが、

半官半民は

株価はすごいが

こういう内部もあるのだ。



7月31日 追記

 報道によると

不適切な保険契約で

不利益を被った人は18万件

を超えるようである。

特殊詐欺並みでは

ないだろうか?