SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

神奈川県川崎市多摩区で死傷事件。




 海軍記念日

横浜と川崎の空襲について

書こうと思っていたら。

川崎市内で大事件起きました。


 報道によりますと

本日、28の日朝、神奈川県川崎市内の路上で、

スクールバス待ちの小学生ら

あわせて19人が

男に突然刃物で刺され、

児童と大人の男性が死亡、

17人が重軽傷を負った事件です。

男性は公務員、外務省職員のようです。

児童は小学6年生の女の子。



 犯人の男は50代で

捕まりましたが、捕まる前に

自ら頸部を切って

午前10時台に亡くなったようです。

 最初はあいさつしていたのに

急に激変して

刃物を持って襲いかかってきたようです。

 犯人の動機は不明です。今のところは。

保険証をもっていたことから

川崎市内に住んでいることは

わかっています。


 2001年の附属小事件や

2008年土浦の事件や秋葉原の事件に

言及したメディアもあったようです。


 このような逸脱行為には

なにかしら原因があります。

 この事件の犯人に

あてはまるかどうかは

断定はできないのですが

 大量の死傷者を出す事件の

加害者には傾向があって

それは、

1、長期間の欲求不満

2、他責的傾向

3、破滅的喪失

4、外部からのきっかけ

5、社会的心理的な孤立

6、凶器の入手

であるそうです。

 これらの項目にあてはまる人が

すべて大量殺傷事件起こす

わけではありません。

念のため。


 また、今回の事件の容疑者は

自ら頸部を切って自殺してしまいましたが

自殺者や自殺願望や希死念慮を持つ人にも

いくつくかの心理的傾向があるようで、

それは、

1、死にたい願望

2、生きたい願望

3、殺したい願望

というものです。

1、が外に向くと3、になるようです。


 今のところ容疑者の動機は不明、

まったく不明なのですが。

刃物は事前に4本は用意していたようで

行動に合理性はあるとは

思います。

 責任能力の問題が

出てきますが

これは今後の捜査で

解明されるでしょう。



 亡くなった方のご冥福を祈り、

 けがをさせられた方には

こころからお見舞い申し上げます。



(この記事は続報によって

 加筆する予定です。)