SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

ケアマネジャーも三者三様。




 医師、看護師、薬剤師ときて

こんどは

介護のケアマネさんである。


ケアマネさんも様々である。

介護の報酬もふえつつある。


最初の方、

基礎資格が看護師なので

医療寄りのケアマネさんといえる。


ケアマネさんはインフォメーションセンター

なので、

情報がはいっていき

出てくる。


 このケアマネさんは

医療従事者でもあったので

ケアプランは医療よりのものだった。

 今はかわっているのかもしれない。

あまり説明をしないで

ケアプランをもってきて

サインさせるだけであった。

 説明も一方的に話すだけであった。

ユーザーの方や家族と

(ちなみにわたしたちではないです)

とトラブルとなり

訴訟まで発展しかけた。

 本人及び上長が釈明するには

説明はうまくできないという。

仕事も自分の気のあった人としか

できないという(仕事なのに!)。

対人スキルがない

(と本人もみとめていたそうです。)

ようです。

それ大人なのだろうか?



  二人目の人

介護職からはじめて

ケアマネになった方、

この方は

よくいえば面倒見がいい

そうでなければ

おせっかいな人という感じです。


 利用者が望まないサービスもいってくる。

営業も兼ねているのでしょう。

 どちらかというと

たたき上げタイプな感じで、

介護職からケアマネになったという

方です。


 考えるより自分の経験がすべて

という方です。

 倫理綱領は1条も知らなかった。

研修でやるはずなんだけれど。


 話し方は語尾を上げる

(~~で~~す。

 ○○しませ~~ん。など)ことや

半疑問形の話し方が

ちょっと気になる。

なかなか結論を言わない。

質問は質問で返すのは

よくないですね。

 

三人目のケアマネさん

この方は大学で福祉を学んだ方で

もっとも有能なケアマネでした。

大卒ならいいというものではないのですが、

 いいたいことをいうのではなくて

いうべきことはいうという方でした。

ケアプランは妥当なものでした。

 話し方も穏やかで

感情的になることもなかったです。

いつもスーツ着用。


最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。