SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

医師三者三態。


 三人の医師の三者三様なの記事

ブログにアクセスできないので

このきじは

ペンティングである。


投稿しましたが、

復帰してきました。


 最初の先生は落ち着いたベテランで

たんたんと話します。

アレルギーの専門医。

博士でもあるので

知識はすごい。

博士はもうひとつもっていて

理学博士でもあるようです。

もとは生物物理が専門だったようです。

 話し方はソフトですが

からだに悪いことには

断固反対です。


 つぎの先生は巨体で

話し方にはあたたかみがあります。

しかし、自分の信念をお持ちなので

患者さんの話を

あまり聞かないで

自分で一方的に話します。

患者は医師のいうことを聞くべし

というお考えのようです。


 無医村などに医師を配置させるのが

設立目的の学校出身なので

熱血先生ではあります。

 現在は独立開業しています。


三番目の先生は

若い先生で

短躯肥満の方です。

話し方が特徴的で

「俺はさあ」

「命に注意したほうがいいよお」

「それでもいいよお」

「それでさあ」


と診療中でも友達に話しているようです。

腕はよくて

手術も上手いようです。

ちょっと働きすぎのようなきもしますが。

いつも目が充血していて

顔色もよくないですね。

 それでもやせないですね。

油ものが好きなようです。



この記事まだ続きます。