SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

2回目の米朝会談では「合意」なし。

 米朝会談は決裂となりました。

安易に妥協しないのはよかったと思います。

 トランプ大統領公聴会のほうが

気になっているのかもしれません。

 報道によりますと、

米国のトランプ大統領は2月28日、

ベトナムハノイで行われた

北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長との

第2回米朝の首脳会談の日程が

突如打ち切られたことについて、

北朝鮮が「経済制裁の完全解除」を求めたことが

最大原因だったことを認めました。

 北朝鮮側は原油がなくなって

何もできなくなり、外貨を獲得できないので

困っているから「経済制裁の一部解除」を

求めたのだと反論しています。

 トランプ氏は北朝鮮との拡大会合の終了後に

急きょ設定された記者会見で

「我々は互いに要求に応じることが出来なかった」と述べました。

 金氏は2月27日の夕食会で将来的に核実験や

ロケット実験を行わないことを約束したとも説明しました。

トランプ氏は金委員長を信頼すると述べました。

逆に、実験したりしたらただではおかないぞという

ことでしょう。

 金正恩委員長との関係は非常に心のこもったものであり、

今回の会議は対立状態で終わったわけでなく

友好的な雰囲気の中で立ち去ったと主張しました。

 北朝鮮の外務次官(元通訳だった女性の方ですね)が

金正恩委員長は交渉の意志を失ったと

米側を批判しました。

 金委員長は上手くいくと楽観していたとおもいます。

リラックスして喫煙する映像も撮影されていました。

 灰皿は妹の金与正氏がもっていたようです。

北朝鮮のトップの心情に言及するのは異例のことらしいです。

 米側は、次回の米朝首脳会談の約束は現在のところはないとも語りました。

また、「きょう何かに署名すべき事柄にはならなかった。」

とも指摘していました。

「幾つかの選択肢があったが

 いずれも行使しないことを決めた。」

と述べました。


  一方で、米国務長官金正恩委員長が

米側の要求に応じる準備がなかったと説明しました。

  北朝鮮側との話し合いで、米国にとって

意味のある交渉内容に到達出来なかったと振り返りました。

 米ホワイトハウスの報道官はこれより前の時間に、

今回の首脳会談においては米朝双方とも合意には

至らなかったと説明しました。

 声明では、この段階での合意はなく、米朝双方は

将来的な協議をする可能性はあるとも語りました。

米朝両首脳によるベトナムハノイでの会談は非常に良好で

建設的だったとも指摘しました。

「非核化や経済志向の構想を進める

さまざまな方途を話し合った」とも述べました。


 米朝の首脳はこの日、前日に続き会談を続行しました。

 午前中には直接会談を実施し、その後、拡大会談に移り、

ポンペオ米国務長官北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長らが同席した。

その後、昼食での会合を経て、合意文書に署名する

予定だったのですが、日程が突じょ急変しました。

 米ホワイトハウス報道官は記者団に、拡大会合が長引いたと説明しました。

拡大会議の終了後にトランプ氏は宿泊先のホテルに直接向かい、

記者会見に臨むと述べたました。

 拡大会合の後、金正恩氏の車列も宿泊先に戻った。

金正恩氏は2月28日午前の直接会談の冒頭、

外国記者から北朝鮮の全面的な核兵器の解体の意志を問われ、

「それに応じる用意がないのなら、ここに今いないだろう。」

と笑みをうかべて返答しました。

ひじょうに珍しいことですね。

トランプ氏がこのやりとりを聞き、

「いままでで最高の返答だ」とたたえました。

 米朝双方で合意があった場合、

北朝鮮による核施設の査察受け入れや凍結など

具体的な非核化措置がどこまで実行されるのかが

ポイントになっていました。

 これらの実行に対する米側の見返り策として、

双方の連絡事務所の設置問題や

経済制裁の一部緩和もあるといわれていました。


 今回の米朝首脳会談は2018年6月の

シンガポール開催に次ぐものでした。

 米朝はその後、非核化の具体的な対応策について協議していたが、

非核化の手順や米国が提供する相応の措置などで

米朝双方の思惑の違いが出て、こう着状態に陥陥りました。

北朝鮮外相はずっと同じ人ですね。

米側は強硬派の大統領補佐官ボルトン氏が同席しました。

氏は北朝鮮の核施設をすべて調べ上げているのでしょう。


 トランプ氏はビジネスマンですから

こういう対応は珍しくないようです。

 取引できないなとおもったら席を立ってしまうというのです。

安易に妥協しなかったのはよかったと、

アメリカの民主党の下院議長のペロシ氏や日本政府も

賞賛していますね。


 おととしの2017年にマレーシアで殺害された

金正男氏の息子さんを支援する団体の

千里馬民防衛のHPで「自由朝鮮」臨時政府が発足して

北朝鮮国民に呼びかけています。

 息子さんは顔と声がお父さんにそっくりですね。

お祖母さんにも似ていますね。

この自由朝鮮臨時政府発足のタイミングは

米朝会談決裂で北朝鮮が弱体化している

からというのもあるでしょうが、

3月1日だからというのもあると思います。

 韓国の文大統領は米朝合意に期待していたと思いますが、

韓国と北朝鮮は手づまりになってしまいました。

北朝鮮が頼るのは中国ですが、中国も貿易でアメリカと対立しています。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。