SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

笑福亭松之助師匠が亡くなった。





 二度目の米朝会談がハノイ

行われるようです。

 わたしは米朝ってみると

上方落語桂米朝師匠を連想します。


 上方落語笑福亭松之助師匠が亡くなりました。

上方落語界の最長老でありました。

 タレントの明石屋さんまさんの師匠です。

さんまさんの師匠は桂三枝・六代桂文枝さんと

思っている人がいるようですが、松之助師匠が師匠ですね。


 松之助師匠は五代目笑福亭松鶴のお弟子さんです。

六代目笑福亭松鶴師は五代目の実子で弟子です、

 なので、六代目松鶴と松之助師匠は兄弟弟子ということになります。

(二代目)笑福亭鶴瓶さんは六代目笑福亭松鶴の弟子で、

さんまさんは松之助師匠の弟子です

師匠どうしが兄弟弟子の関係なので

鶴瓶師匠とさんまさんは芸界内では従兄弟どうしになりますね。

 松之助師匠も落語家としてよりも

俳優や新作落語家として周知されていますが、

 立川談志師によると、その実力は

名人といわれた六代目に負けず劣らずだったそうです。


 1990年代に笑福亭松鶴名跡を継ぐ騒動が起きましたが

六代目は一番弟子の笑福亭仁鶴師に襲名させたかったようですが

仁鶴師は襲名しませんでした。

自分で大きくした仁鶴という名前を大事にしたかったのでしょう。

 テレビに利用されて使い倒された芸人さんが多い中、

テレビを逆に利用したしたたかな噺家さんが仁鶴師です。

 人気者の仁鶴の師匠といわれることについては、

六代目はあまりよくおもわなかったようです。


 七代目は笑福亭松葉さんが襲名することになりました。

この襲名は仁鶴師の一存によるものだといわれていました。

 兄弟子の一存で七代目をきめられて、弟弟子に抜かれた他の兄弟子たちは

くやしかったと思います。

 しかし、松葉さんは襲名前に病気で40代の若さで亡くなります。

死後七代目を追贈されました。


  松鶴襲名問題がなぜ松之助師匠に関係あるのか?といいますと

 松之助師匠は五代目の弟子なので

その松鶴の名前を大事に思っているようで、

襲名をめぐるこのような騒動はお嫌いらしく、

自分が死んでから松鶴の名前を襲名してほしいと

六代目の弟子たちに語ったそうです。

 生前、明石家さんまさんの師匠であることも強調していました。

六代目松鶴とは仲がよかったようですが、六代目松鶴とは対照的ですね。

 松之助は六代目松鶴師の前座時代の名前ですが、

その名前をかえないで、生涯その名前を大事にした

噺家さんが松之助師匠でした。

謹んでご冥福をお祈りします。



  最後まで読んでいただいてありがとうございます。

  

草や木のように生きられたら (ヨシモトブックス)

草や木のように生きられたら (ヨシモトブックス)