SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

2月22日、にゃんにゃんにゃんで「猫の日」

 今日は猫の日です。

222なのでにゃんにゃんにゃんなので猫の日

 平成22年2月22日は

22222で超猫の日でした。

猫の日は1987年から始まりました。

 うちにもねこがいます。

 うちの三毛猫は、わたしの母の妹、叔母のところから

うちにきました。

 母になついています。食べ物くれるからでしょう。

叔母にもなついています。

さいころ叔母が育てたので、自分の親だと思っていると思います。

叔母がうちにくるとにゃあと鳴いてよっていきます。


 猫は家につくといいますが、人につく猫もいるようです。

声を聞き分けているようです。

 他の人が名前読んでもよって行きません。

飼ってる人や家人が呼ぶとよっていきます。

 特に母が呼ぶと高いところで寝ていても、

さっと降りてきます。


 この三毛猫の他にも、二匹の猫がいます。計三匹います。

二匹は三毛猫の子です。息子のほうは体型や

顔立ちが母猫ににています。

三毛猫ではないですが。

娘のほうは母猫よりも一回り大きいです。

 やはり三匹とも、わたしの母になついています。

わたしが撮影しようとすると、一瞬だけじっとこちらを

みて、すぐに逃げていきます。撮影されるのは嫌いみたいです。


 昔、茶白の猫を飼ったことがありますが、

二年ほど行方不明になりました。

 画像もつくって、かなり近所を探したのですが、みつかりませんでした。

二年経ったら、なんと、うちの中にいました。かえってきました。

 二年でかわっていないし、汚れてもいないし、

やせてもなかったので不思議でした。

 うちの近所のおたくのアメリカンショートヘアーが行方不明に

なって、一か月くらいでみつかった時はげっそり痩せていました。


 うちの猫は二年間どこにいたのか?

別荘でもあったのか?

 もしかして別の猫ではないかと思いましたが、

名前呼ぶとにゃあと答えるので

うちの猫なのだとわかりました。

 よその人たちが名前よんでも答えなかったですね。

空白の二年は本当に不思議な出来事でした。

この茶白の猫は20歳まで長生きしました。

おとなしい猫で、めったに鳴かない猫でした。


  最後まで読んでいただいてありがとうございます。

猫びより 2019年 03 月号

猫びより 2019年 03 月号