SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

警察署8572万円盗難、関与疑いの警官死亡。

 昨日は歌舞伎の日、明日はねこの日です。

ねこの日は毎年たのしみです。

個人的には毎日ねこの日でもいいです。


 不審な事件もあります。

警察官の不祥事と思われる事件です。

昨年5月9日に投稿したブログの記事

で言及しましたが、

広島中央署から広域詐欺の

押収金が盗難にあった事件で

関与が疑われる30代の警察官が

2017年9月に

は亡くなっていたことが

わかりました。


 この警察官は2017年3月までは

広島の警察に勤務していたことが

わかっています、その後休職していたようです。

 この警察官はギャンブルにのめりこんでおり、

同僚らから多額の借金があったようです。

 盗難があった後に返済しているので

疑われていたようです。

金額が大きすぎではないでしょうか?


 亡くなった状況はよくわかっていません。

病死か、自然死か、30代で

自然死は考えにくいですね。

警察官や自衛官になるのなら

重病があったらなれないでしょうし。

自殺ではないといわれていますが、

ならばなんで死んだのか?

もしかして他殺なのでしょうか?


 警察官は身内には甘いのかもしれません。

死者の名誉を守っているのかもしれませんね。

事件から2年も経っていますし。


 詐欺の疑いでも書類送検する方針するようです。

今年2月に、

盗まれたお金は警察で補てんと決めたようです。

 その警察官のお金は元は税金ですよね。

警察署から証拠品のお金8572万円がなくなったのは、

やはり現場の警察官の仕業で、

なくなったお金の補てんは県費の税金でするということです。

県民は納得するでしょうか?

 警察官や警察OBが任意で自費で出すならいいのですが、

警察官や警察OBが全員が納得するでしょうか?


 群馬県で強盗事件起こして富山県へ逃亡した

警察官もまだ逮捕されていません。


 昨年は滋賀県で警察官が同僚の警察官に射殺されたり、

宮城県では警察官が大学生に刺殺される

被害にあった年でありました。

 たいはんの警察官はまじめに仕事に励んでいると思います。

しかし、昨年は警察の失態が目立った年でもありました。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。