SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

イギリスに市民権はく奪された女性、帰国を希望。 

 若気のいたりなのか、困ったことになっています。

報道によると、

 2015年に15歳で英国からシリアに渡って

イスラム過激派組織・イスラム国(IS)に加わり、

現在はイギリスへの帰国を希望している

19歳のシャミーマ・ベガムさんが2月17日、

シリア内の難民キャンプで子供を出産しました。

 イギリスの国籍ははく奪されているようです。

ベガムさん本人が英のメディアに明らかにしましたが、

 15歳で学友2人と共にロンドンを離れてシリアに入り、

イスラム国(IS)に加わったベガムさんをめぐっては、

議論があるようです。

 子供を出産したばかりで疲れていると語るベガムさんは、

子と一緒にイギリスに帰国が許されるよう、

改めて訴えています。

 ベガムさんはシリアで結婚した後、

2人子供を出産したもののいずれも死亡しており、

 この子もこのキャンプで

死ぬかもしれないと恐れている

と主張しています。
 
 ヨーロッパ諸国は、ISの崩壊後に帰国を希望する元IS過激派の

処遇に苦慮をしているようです。

 アメリカ合衆国大統領

ドナルド・トランプ氏は2月16日、

ヨーロッパ諸国に対し、

数百人拘束されているIS過激派を

各国で引き取り、裁判にかけるべきだと

改めて要求しています。

 ベガムさんはの母親は

バングラデシュ出身だったようです。

バングラデシュへは申請していないようです。

も市民権はないといっているようです。

申請しないと国籍もなしということです。

 2015年に学友と共にロンドンを離れ、

シリアに渡ったのはなぜか?

 何を期待したのか?

これはよくわからない。


 イスラム国ISが崩壊する現在、

ベガムさんは現在はシリアの避難民キャンプに居て

このキャンプにてイギリスのメディアの取材に応えています。

 べガムさんはシリアに来たことを後悔していないと述べる一方、

これまでに子ども2人を亡くしているといっています。

 後悔はしていないというのがわからないのですが、

子供のお父さんはオランダ人のようです。

 IS支配下のシリアでの生活に耐え切れなくなったと語った。

さらにベガムさんは、シリアにとどまった場合、

子どもが、他の子どもたちのように死んでしまう恐れがあると述べ、

ISのカリフ制国家から逃げ、イギリスに帰りたいと述べています。

 イギリス国籍はなくなっています。

お母さんの母国のバングラデシュも市民権はないと明言しています。

 この女性は救われるのでしょうか?


最後まで読んでいただいてありがとうございます。

イスラームの論理 (筑摩選書)

イスラームの論理 (筑摩選書)

アラブのこころ (集英社文庫)

アラブのこころ (集英社文庫)