SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

高齢者と子供が酷い目にあっている。


ときどきこのような事件が起きる。


 報道によると、

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で

2017年の7月末~8月中旬、半月の間に

入所者の高齢者5人が相次いで死傷した事件で、

(事件です。)

岐阜県警は2月3日、5人のうち女性1人にけがをさせたとして

元職員の小鳥剛容疑者を傷害容疑で逮捕したことを発表した。


 この元職員の小鳥容疑者は、逮捕前メディアの取材に応えて

「入居者はけがをするときはするし、転ぶときは転ぶ、

(自分は)100%やっていないです。

 自分が介護してる時間にやっていたら(犯行がすぐわかるので)

 間抜けですよ。」とインタビューに応えている。

 岐阜県警によると、小鳥容疑者は

2017年8月15日午後2時10分ごろ、

入所者の91歳の女性に暴行を加え、

両肋骨骨折など2カ月の重傷を負わせた疑いがある。

 巡回中の別の職員が同日、

女性の胸にあざがあるのを見つけて病院に搬送した。

女性は約1カ月後に退院して別の介護施設に移ったが、

その後体調を崩し、10月3日に死亡した。

 小鳥容疑者は女性がけがをした当日、

この女性の介護を担当していた。


 小鳥容疑者はいずれの5人の入所者の介護に関わっていたという。

女性4人は、いずれも認知症専門棟2階の別々の4人部屋に入っていた。

県警は、他の入所者の死傷事件についても、

小鳥容疑者の関与を調べる方針である。

 高齢者が虐待されて亡くなる事件が増えている。

しかも介護施設でである。


 千葉県では小学生が酷い目にあってなくなっている。

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さんが

自宅浴室で死亡した事件で、

傷害の疑いで逮捕された父勇一郎容疑者が

千葉県警の調べに、死亡当日に長時間立たせたことなどに

ついて「しつけのつもりで、

悪いことをしたとは思っていない」と

供述していることが30日に取材で分かったという。

 容疑者が「事件前にスクワットをさせたりした」と

話していることも判明している。

 夜中に心愛さんを起こして立たせることが

あったことも分かっており、

県警は虐待が続いていた疑いがあるとみて生活状況を調べている。

 容疑者の父親はいっけん真面目そうな感じする男性である。

外見はいいお父さんのようにも見える。

41歳であるいい大人が、

娘を虐待で死亡させてしまったのである。

 心愛さんは2017年11月に

学校のアンケートに記名して虐待を受けていることを書いたが、

学校は児童相談所に連絡、緊急度が高い案件なので

素早く一時保護されたが

父親は虐待を否認、父親は児相を恫喝して、

アンケート入手して、さらに

虐待が酷くなったという悲惨な事件であった。

ついに母親までもが障害で逮捕されている。


 千葉県では2017年3月にベトナム国籍の

小学生が誘拐されて殺害される事件もあった。

犯人は検察側の主張はねつ造でっち上げであると

主張している。

2018年7月に千葉地裁無期懲役(求刑は死刑)を

言い渡されたが、被告人は控訴した。

裁判は続いている。


 高齢者や子供という弱い立場の人への

人権侵害が起きている

ことがこれほど報道される時代も

あまりないだろう。


 2017年の介護施設での事件も、

今回の自分の娘を虐待で死なせた

容疑の事件もいい大人の事件である。

 30代、40代の男性である。

 劣化というか幼稚になっているのではないのだろうか

特に日本人男性は。


 わたしは大人というのは人格であると考えている。

子供のころから大人っぽい人は大人になっても

大人っぽくてしっかりした人なのである。

 反対に子供のころから子供っぽい(子供時代はしょうがないが)のは

30代や40代になっても子供っぽくて幼稚なのである。


 このブログの記事の読者様の周囲にも

年齢の割に大人びてしっかりしていた人や

逆に年齢不相応に幼稚な人がいたのじゃないでしょうか?

 そおいえばあ

とかないですかね?


   
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。



介護・医療現場が知っておくべき 認知症高齢者への対応と法律問題

介護・医療現場が知っておくべき 認知症高齢者への対応と法律問題

子どもの虐待防止・法的実務マニュアル【第6版】

子どもの虐待防止・法的実務マニュアル【第6版】